痛風の予防は生活習慣の改善が効果的!心掛けが何より大切

サプリメント

最新記事一覧

突然関節に激烈な痛みが

婦人

男性なら尿酸値に注目

痛風は体内の尿酸が過剰になり、結晶化して激しい痛みをともなう関節炎を引き起こす病気です。痛風患者の9割以上が男性であり、ほぼ男性特有の病といってもいいくらいです。痛みは前触れ無く突然起こります。必ずおさまりますが、痛風発作が起こっているときの痛みは形容する言葉がないほど激しいもので、二度とあの痛みは経験したくないと誰もが思います。予防に心がけて痛風発作から身を守りましょう。昔は贅沢病と言われ、美食家などに多いとされてきましたが、現在では様変わりし30代以上の男性の四人にひとりは痛風予備軍とさえ言われています。予防のためには自分の尿酸値を知っておく必要があります。尿酸値は血液中に溶けている尿酸の量です。正常値は1dlあたり、男性で4.0〜7.0mg、女性は3.0〜5.0mgです。7.0mgを常に超えるようになると高尿酸血症となり、痛風予備軍です。男性は正常値がもともと女性よりもかなり高く、生理的に高尿酸血症になりやすいことがわかります。この値が常に8.5mgを超えているならば、いつ痛風発作が起きてもおかしくありません。普段の生活を見直して予防に心がけることが何より大事です。

生活習慣に注意

痛風になりやすい人には共通点があります。まず、男性であること、それに加え肥満体質であることです。特に内臓に脂肪が蓄積する内臓肥満タイプでは、外見からは肥満と思えないこともありますので、健康診断で内臓肥満と言われたら要注意です。食生活では肉中心で野菜嫌い、アルコールが好き、コンビニ食やファーストフード好きの人が多いです。これらはいずれも体内の尿酸値を高くします。また、水分をあまり取らない傾向があります。尿酸は腎臓から尿に溶け込んで体外に排泄されますが、水分摂取が少ないと尿酸の排泄が生成においつかなくなってしまうのです。これら以外では、激しい運動をする人も要注意です。適度な運動は発作予防のためにいいのですが、マラソンのような激しい運動、強度な筋肉トレーニングなどは、体内で尿酸のもとになるプリン体を生成すると同時に腎臓からの排泄を抑制し、痛風発作が起こる危険性を増します。また、ストレスを受けると交感神経が活発になり、尿酸値があがります。強い競争にさらされるところで働いている人は、それだけで痛風発作の危険度はあがります。これらを頭に入れて食事、運動、ストレス管理に心を配るのが大切です。

多彩な働き方をする菌

ウエスト

腸内環境を整える活躍を担うのが乳酸菌サプリで、乳酸菌の数を乳製品などの食品よりも多く取り込むことができる魅力が挙げられています。腸内のみならず、美肌効果やコレステロールの原因に繋がる菌を排出するなど、美容と健康に直結しているサプリです。

詳しくはこちら

健康を維持するための成分

海藻

フコイダンには、健康を維持するための3つの魅力的な効果があります。その3つの効果とは、免疫力向上効果と生活習慣病の予防改善効果、活性酵素の抑制効果です。どれも健康を維持するために重要な効果であるため、積極的にフコイダンを摂取しましょう。

詳しくはこちら

おススメの治療法

薬膳

更年期障害の治療には、主にホルモン補充療法と漢方療法があります。ホルモン療法は効果が得られやすいですが、副作用の心配があります。漢方療法の場合は、摂取方法とタイミングに制約があること、効果が得られるまでに時間がかかることが改善点ですが、副作用の心配がなく免疫力向上など高い健康効果も期待できます。

詳しくはこちら